読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gigamix Online

懐かしの8bitおもちゃPC「MSX」を骨までしゃぶり尽くそう。MSXの最新ニュース、ブログ、自作ソフトの配布など。

ケータイで「インベーダー」と「影の伝説」

ゲーム ガラケー MSXソフトレビュー

毎週1回は必ずケータイネタが出てくる今日この頃。そして今週もまた…と思っていたら。

blog@喜望邦「またまた携帯でレトロゲームアプリ」より:

PS2 Zにうつつをぬかしていると、かなり間が空いていたり…。

また、レトロゲーム(というかMSXでも出ていたゲーム)が追加されました。vodafoneしかチェックしていませんが…。

既にチェック済とは!情報早いっすねぇー!そのネタ、いただきました。

関連記事: 喜望邦「携帯で復活したMSXゲーム」

ケータイで「スペースインベーダー

初出が1978年ですから、これを現役で遊んだことがある人は化石扱い状態になりつつある、これぞシューティングゲームの元祖(ホントか!?)、MSXでもお馴染み(!?)の スペースインベーダースペースインベーダー アニバーサリー へと生まれ変わり、ボーダフォン 向け携帯電話のVアプリ(256K)用へ移植されました。QVGA対応でカラーとモノクロの2モードを搭載し、「名古屋打ち」や「レインボー」などの技も忠実に移植されているそうで、昔さながらの臨場感にも期待できそうです。価格は1アプリ210円。

それにしてもQVGA液晶っていうインフラは凄いですね。昔のゲームが画面イメージそのまんまのクオリティ(いやそれ以上で)で、ケータイへじゃんじゃん動き始めてる。ケータイでストII もそうですけど(こっちはSFCベース)、ドット絵をベタ移植できることがどんなにコスト減に繋がっているか、という業界の空気がよく分かります。でも逆に ドット絵グラフィックスなんかにコストかけてられないんだよ っていうのも同時に分かって、ドッター上がりの自分としてはわりと鬱なんですけどね。

ケータイで「影の伝説

MSXでお馴染み(!?)の 影の伝説 も、ボーダフォン 向け携帯電話のVアプリ(50K)用へ移植されました。

ITmedia Mobileより:

50K版の「影の伝説」は、タイトーが1985年に業務用ゲームとして発表した忍者アクションゲームの移植版。月額情報料210円、もしくは315円の「タイトーGameセレクション」で配信される。

とのこと。※現時点では タイトーGameセレクションEX に「影の伝説」が登録されていません。

関連記事: ITmedia Mobile