読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gigamix Online

懐かしの8bitおもちゃPC「MSX」を骨までしゃぶり尽くそう。MSXの最新ニュース、ブログ、自作ソフトの配布など。

A1STスーパークラスタ

 3200個のCPUが君のハートを(ついでにコンピュータ本体も)熱くする!! 産総研がまたもやってくれました。その名も

「A1STスーパークラスタ」

AISTスーパークラスタ

 ……って、違いますか、そうですか。

 昨日付けで運用が開始されたこのコンピュータの本当の名前は「AISTスーパークラスタ」というのだそうで。AMDOpteronが2144個、IntelのItanium2が528個、Xeonが536個の、合計3208個のCPUで構成されております。現在世界最速の「地球シミュレーター」の1/3の性能を持ちながら、お値段1/28というリーズナブルさが自慢なのだそうで。こういうところもなんとなくMSXっぽいですな。

 MSXっぽいといえばもう1つ、西さんがやたらと肩入れするAMDのCPUが一番多く使われている、というのもなにやら意味ありげ。やはり何か感じるものがあったのか? ちなみに、このリンク先にある8WAY-Opteronのマザーボード画像がけっこうキてて面白いですぞ。